FC2ブログ

2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11





奥から前へまるっと日光白根 19.8.17(sat)


よーやくこれた前白根、思った以上にいいとこです。

190817 1009
(奥白根はもういいかなーと思っていたから、今後はこっちメインになりそうだわい)


山も麓も人は多いし異常な暑さだし、いいかげん盆休みは山なし県と心に誓ったのは昨年の夏。
長年染みついたクセでつい動いてしまいそうな気持をグッと堪えるのに都合よく
今年はほぼカレンダー通りの休みだったんで録りためた洋画やドラマを見まくり
ダラダラゆったり静養しとりました。
とはいえ、秋山に向けてここらでちゃんと歩いとき鯛(真面目だなっっ)
巷はまだ夏休み後半、天気が良けりゃ民族大移動もありと想定して、
日帰り近めの関東で涼しめな日光白根を歩いてきました。


 ポチッとしてもらえるとうれしいです(^^)/
 
       登山 ブログランキングへ



AM2時に起きて5時過ぎに菅沼登山口にやってきました。眠い…眠過ぎるが…
ああ涼しい涼しい~~~~もうここで寝なおしすっか?と思っちったくらい。

やはりまだ暑いだろうと前夜車中泊を変更し、
早起きしてやってきた訳ですが、これならOK牧場だったかもだ。

(ところでここのトイレ事情は隣のお茶屋さんのを借りてるのに
駐車代一日1,000円は疑問だわいー)
トイレないけどゲートからちょっと奥にもⓅがあります。若干砂利道歩行が短い。


5:30 さあ出発だはー(ノД`)・゜・。
190817 533 (2)


振り返ってPの様子。まだ2列にはなっていないが帰りはいっぱいになります。
190817 533


ガラガラゴロゴロの歩きにくい道を進んでいくが、
シラビソの深い森が素晴らしくいいのです。
190817 634


苔も
190817 602


朝日が差し込んでこれまた幻想的な静かな森。
190817 642


小一時間汗して弥陀が池に到着~快晴白根
気温は低めだけど風が通らない樹林帯をシーシー歩けば昨日の酒がすべて汗となりサッパリ。
190817 704


昨年人的落石くらったんでここ上がる時だけ一瞬メット着用してます。
190817 754


ここまでくれば大丈夫。
190817 757


あと一息がキツイ
190817 807


トウヤクリンドウの蕾がそこかしこに、秋だな
190817 814


ぬりかべみたいな大岩をよけて、奥白根山頂到着~
まだ人もまばらで静かな山頂ですが、休憩するには落ち着く場所があまりないので、
一旦下っておわんの反対側へ
190817 816


寝ころぶのにちょうどいい昼寝岩にて一瞬寝る。ホントに眠かった。
日差しは強いんで日傘正解。曇ってくれてOK牧場なんだけどね。
190817 844


いちお奥白根と一緒に
190817 852


そんじゃま気持ちー縦走路に参りましょー
190817 853


一旦250m位グインと下ってきました、ここもまた歩きづらい道なんでした。
190817 931


程なく避難小屋に到着~
真っすぐ進むと五色沼で右に上がっていくと前白根となる。

さてどうします?このまま戻るんじゃちと足りない?
時間もあるし今日こそまるっといってみます?

こんなに暑いし見るからにアップダウンだし後悔するんだろうな
と思いつつ行ってみることにしました。
190817 934


トラバース気味に樹林帯を上がっていきます。
190817 946


おおおーーーもう少しで稜線に、はあーキツ。
190817 949


ふええー上がった。 赤茶けたあそこが前白根だな?
190817 950


男体山と中禅寺湖 やあ気持ちいいことだわー
190817 950 (2)


あら?あら?
190817 951


あら?あら?こりゃまたすてき。
190817 952


思わず足が止まる。
190817 953


やあいいじゃん、マジでいいね。(←こればっか。うまいとしか言えないグルメレポみたいだわ)
190817 954 (2)


これまた一旦下って最後の逃げ道、五色沼へ下れる分岐を華麗にスル~やるなズブン。
190817 958


稜線歩き好きにはたまらん道だわー
この箱庭のようなこじんまりギュッと詰まった厳しすぎないのがちょうどいい。
190817 1002


前白根直下のザレ地~ああ暑かーきつかー
190817 1003


でもそこかしこに咲き残ったコマクサが♪色が濃ゆい
190817 1005


ぬおー前白根。
190817 1010


ただ、だだっ広い日陰もない山頂は暑すぎて日陰を求めて早々に下る。
今度は積雪期に来てみよう。
190817 1011


五色に輝く五色沼を眺められる木陰で休憩~~
190817 1033


さあて、最後のピーク五色山へ向かいます。
最後の登り返しガンバロー(この時点ではそう思っていた)ここでもけっこうくだらすんだわ(T_T)
190817 1033(2)


五色山登り返しラストー(;´Д`) 
190817 1048


はあ~五色山ついた~さすがに疲労きてます
だんだん雲が出てきて日影が多くなってきて助かりまんじゅう。
木陰があるちょうどいい広さの五色山山頂、眺めもいいし。
居心地がよくて大休憩。
190817 1051

ホントに大変なのはオットであった、熱中症対策に水を多めに担いでもらいました。
ここって通り道に水場がないのよね~


さっきまで歩いてきた稜線。写真右端の赤屋根の避難小屋から上がってきた。
190817 1058


ズームしてポツンと避難小屋。 
190817 1130


さあて下ります。本来まるっと金精山もいっとけって感じですが
もう暑くてバテました今日はここらへんでやめておくとこにします。


五色山からの下りも急な下り坂までは優しい道が続く。
190817 1131


ここでミスった。 五色沼に下る道と、弥陀が池に登り返す途中で合流する道との分岐を
油断してたのか見逃してしまって下り過ぎ、ホントに下から登り返すことになってしまった(;´Д`) 
もうガッカリもいいとこで。 ?マークのとこです。
奥白根地図


ああああーーーこの最後の最後、短いのにすごくきつく感じる登り返し(T_T)
もうないと思っていたから余計キツイっムキ―
190817 1156


あとちょっと―この先に五色山への道があるんです。
190817 1214
写真撮り忘れたが次回は逆から登って確認してみよう。


ちょうど昼頃弥陀が池に戻り、あとは来た道を戻るだけなので写真は省略。
気温も上がり暑いったらなくて、早く車に戻ろうとレツモな勢いで下山開始。
足にだいぶキテいたが一時間ノンストップで下って、13:30無事登山口に戻ってきました。
190817 1334
登山口では背高い黄色の花が辺り一面に咲いていました。

7時間起伏に富んだ暑いヤマノボリ( `ー´)ノ
久しぶりの筋肉痛になったのはいうまでもありません。
こんな調子じゃマズイと思う今日この頃です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
 ポチッとしてもらえるとうれしいです(^^)/
 
       登山 ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する